こんにちは。ゆる佐賀博のマスコットキャラクター「ゆるさが」です。
見た目の通り、ゆる~として控えめな性格の私ですが、実はアクティブな一面もあるんですよ。そこで私がオススメするみなさんに佐賀で体験してほしいアクティビティスポットを紹介します!みなさん、佐賀に来て、はじめてを体験してみてくださいね。

入り口をくぐれば、そこは弥生時代?!

吉野ヶ里遺跡は日本史で勉強したという方も多いのではないでしょうか?
発掘当時は「魏志倭人伝」に登場する「邪馬台国」はここにあったんじゃないかと大フィーバーになったんですよ!今では遺跡が公園として整備され、物見やぐら、竪穴住居、高床式倉庫など弥生時代当時の光景が忠実に再現されているんです。
まさに、気分はタイムスリップ!

弥生時代のあのヘアスタイルに変身!

弥生人になりきるために、まずはヘアスタイルから変身してみてはいかがでしょう?
入場口では弥生人のあの特徴的なヘアスタイル、「美豆良(みずら)」に変身できるカチューシャが用意されています。
実はこれ、吉野ヶ里歴史公園内にいる抱(いだ)く人・品川崇寛さんの手作りなんですよ!

古代のアクセサリーをハンドメイド!

最近はアクセサリーをハンドメイドするのが流行っていますよね。弥生時代もそうだったみたいなんです。霊力が宿るとし、アクセサリーやお守りとして大切に使われていた「勾玉(まがたま)」がその一つ。この独特な形に近づけるため、無心で削り続ける…根気がいる作業だけどストレス解消にもなって、オススメです。

サバイバル力が試される、火おこし体験

昔ながらの方法で火おこし体験もできますよ。火種ができるまでに早い人でも10分は回し続けないといけないので、やり終わったときには腕がへとへとになっているかもしれません。古代から現代までの技術の進歩をしみじみと実感できちゃいますね。

吉野ヶ里歴史公園

佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田町1843 / TEL:0952-55-9333

佐賀県在住のアーティストと“接着(つな)がる”アトリエ!

抱(いだ)く人でもある冨永ボンドさんは、木工用ボンドに色を混ぜて画を描く、世界でたった一人のアーティスト。そんなボンドさんのアトリエは毎月第4日曜日に開放され、ギャラリーの展示やボンドアート®体験ができるスペースに変身するんですよ。

新たな才能が開花しちゃうかも?ボンドアート®を体験!

木工用接着剤と水性塗料を混ぜ合わせた独自の画材を使ったボンドさんの作品作りをご本人のレクチャーのもと挑戦してみましょう!思いのままに筆とボンドを滑らせて、あなたの新しい才能が開花しちゃうかもしれません。大人なあなたは毎週金曜の夜(20:00~翌3:00)で開かれているBARもオススメですよ。

Art studio ボンドバ

佐賀県多久市北多久町大字小侍703-21 / TEL:0952-37-8646

お母さんたちがつくるやさしい味わいの山里料理に癒されたい

嘉瀬川ダムの近く、富士しゃくなげ湖のほとりにある古民家風の食事処。囲炉裏やペレットストーブがある広々とした空間で、美しい湖畔の風景に癒されながら里山体験ができちゃいます。

お母さんたちの愛情たっぷり!山里料理を堪能。

毎朝、店のお母さんたちが収穫に行く山菜食材は体にやさしく栄養満点なんです。
「しょうがに似たかたちの菊芋は『天然のインシュリン』といわれる『イヌリン』という成分を豊富に含んでいて、健康や美容にいいんだよ。」
やさしいお母さんに山里料理の魅力を教えてもらいながら、自然のめぐみに感謝する。ここでしか味わえない最高のひとときですね。

森の香 菖蒲ご膳

佐賀県佐賀市富士町大字関屋3798-33 / TEL:0952-57-2011

武雄伝統の陶芸を体験して旅の思い出を作っちゃおう~!

抱(いだ)く人・小野元紹(おの・もとつぐ)さんがいる「くろかみ窯」では陶芸体験ができるんです。土作りからこだわり、丁寧に仕上げられた匠の技に、思わず感嘆しちゃいますよね。

武雄伝統の「型紙すり」を体験

柿渋が塗られた「渋紙」に好きな形を描き、切り取る。その型紙を器の表面に当てて、その上から白い化粧泥をブラシで叩くように色付け。そうすることで陶器に模様をつけることができます。

焼き上がると、化粧泥の部分がすこしぷっくりするのが特徴です。素朴で温かみのあるオリジナルのマグカップやお茶碗作りができちゃいます。
もちろん型紙すりだけでなく、希望すれば器作りからも体験できるのだそう。ろくろを回してみたい!という方はぜひ、体験してみてくださいね。

くろかみ窯

佐賀県武雄市山内町大字宮野25454-1 / TEL:0954-45-3013

初体験アクティビティが満載

宇宙発見ゾーン・地球発見ゾーン・佐賀発見ゾーンからなる3つの展示ゾーンと、最新式の投影機器を備えたプラネタリウムや天文台を備えた施設です。子供はもちろん、大人にとっても興味深く、ついつい夢中になってしまう展示物が満載なんですよ。

宇宙飛行士さながらのスペースジム体験

宇宙トレーナーは実際の宇宙飛行士が訓練で使用していたものと同じ設備。ぐるぐると回転し、宇宙飛行士の体験ができるんですよ。ぴょんぴょんと高く飛び跳ねて、月面歩行が体験できるムーンウォークも楽しそうですよね。他にもスペースサイクリングなど、なかなか体験できないアクティビティがもりだくさん。ついつい大はしゃぎしちゃいます。

佐賀県立宇宙科学館ゆめぎんが

佐賀県佐賀県武雄市武雄町永島16351 / TEL:0954-20-1666

旅の小休憩にぴったりな観光案内所。おしゃれなカフェも!

有田焼窯元の登り窯をイメージし、斜めに突き出た赤いコンテナが目印のおしゃれな複合観光施設です。なかには観光案内所とカフェ、レンタカー窓口が入っていて、有田観光の情報収集やひと休みしたいときにもオススメですよ。

工夫がいっぱいの新・有田グルメを食す!

ハワイのB級グルメ「ポキ」を有田風にアレンジした「有田ポキ丼」は人気のランチメニューです。その他、「ありたぶた」を使った料理や、登り窯をイメージして作られたデザート「有田に来たら登り窯サンデー」など気になるメニューがたくさんあってどれにするか迷っちゃいますね!

KILN ARITA/カフェ ヘスティア

佐賀県西松浦郡有田町本町丙972-31 / TEL:0955-25-9389

宝探しってワクワクしちゃう響き!

有田焼の老舗窯元である幸楽窯は1865年に創業。有田の伝統技術を受け継ぎながら、新しいデザインと洗練されたモダンなデザインが素敵ですよね。全国の焼き物ファンから支持されています。

運命の1枚をこの手で探し出せ!

幸楽窯の古倉庫には長い間陽の目を見ることなく収められていた大量の器が眠っていたのだそう。この大量の器たち=「宝の山」をかき分けてお気に入りの食器を探してみませんか?そう、まさに宝探し!倉庫のなかの商品からどれでも、指定のカゴ一杯に詰め込んで5,000円!そのお得さにも驚きです。

幸楽窯

佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙2512 / TEL:0955-42-4121

佐賀が誇る伝統工芸。職人さんの神業に感動!

佐賀市の重要無形文化財に指定されている、手作りの宙吹きガラス食器の伝統工芸「肥前びーどろ」。副島硝子工業では江戸末期から続く技術を大切に受け継ぎ、現代でも多くの人に愛される作品を生み続けています。美しい色合いと手作りならではのあたたかみがあり手のひらにフィットする作品は、大切な人への贈り物や結婚式の引き出物にぴったりです!

修行10年の職人技を体験!

10年以上の修行が必要と言われている「宙吹き(ちゅうぶき)」をはじめ、さまざまな製造工程を体験できます。佐賀旅行の思い出に世界に1つしかないマイグラスを作ってみてもいいですよね!(毎月第3土曜日、予約制)

副島硝子工業

佐賀県佐賀市道祖元町106番地 / TEL:0952-24-4211

吉野ヶ里歴史公園
弥生時代を代表する遺跡で国の特別史跡に指定されている吉野ヶ里遺跡。今では公園として整備され、広大な敷地内に弥生時代のムラや歴代王の墓等が再現されていて、弥生時代の雰囲気が体感できる。「火おこし」「勾玉づくり」「土笛づくり」など体験プログラムも豊富。古代の原ゾーンではスポーツやバーベキューも楽しめる。

料金: 大人 ¥420、こども(小・中学生) ¥80
電話番号/
0952-55-9333
営業時間/
9:00〜17:00(6/1〜8/31の期間は 〜18:00)
定休日/
12/31、1月の第3月曜とその翌日
駐車場有無/
Art studio ボンドバ
世界唯一のオリジナル画法「ボンドアート®」で数々の作品を生み出す冨永ボンドさんのアトリエ。「接着ぐ(つなぐ)」のコンセプトの下、作品展示や、アート制作体験(¥500/人)、オリジナルグッズの販売など様々な活動を行っている。
電話番号/
0952-37-8646
営業時間/
アトリエ開放は毎月第4日曜 11:00〜18:00
(BAR営業は毎週金曜20:00〜翌3:00)
駐車場有無/
森の香 菖蒲ご膳(もりのか しょうぶごぜん)
雄大な里山の自然の中に佇む古民家風の食事処。山で採れた新鮮な山菜を使用した「山里料理(やまざとりょうり)」は素材ひとつひとつにこだわった、体にやさしいメニュー。婦人会の活動がきっかけでスタートしたこともあり、シェフは地元のお母さんたち。抱(いだ)く人、西要子さんに会える。
電話番号/
0952-57-2011
営業時間/
11:00〜15:00
定休日/
火、年末年始、お盆
駐車場有無/
くろかみ窯